やりすぎは禁物の繰り上げ返済

住宅ローン繰り上げ返済

やりすぎは禁物の繰り上げ返済

『繰上返済をした方が得!』というのは、今では常識になりつつあるかもしれません。

繰上返済を行うことで、返済金額も減りますし余計な利子も支払わずに済みます。

頑張って、コツコツ繰り上げ返済を行なっている人もいるのではないでしょうか。

 

しかしこの繰上返済、デメリットになる場合もあるので注意が必要です。

 

◆手持ちの現金が少ない場合

 

繰上返済をすれば、その現金はもうあなたのものではありません

急な出費が出ても『この間の返済はナシにして下さい・・』という事は出来ないのです。

 

将来をある程度予測はしていも、どうなるかは分からないものです。

  ・公立へ行かせる予定が、急遽私立へ行くことになった
  ・転職で収入が減ってしまった
  ・病気になって収入がへり出費も増えた
  ・介護するようになり、妻のパート収入がなくなった

など予測できない事態も考え、
ある程度手元に現金(自由になるお金)を持っておく必要があります。

急な出費が支払えず、借り入れが必要になってしまっては元も子もありません。

 

今後の生活を考え、ある程度手元に蓄えを置いておく事は重要です。

それでも余裕がある場合は、繰上返済を行い
『メリット』を得るようにすれば良いでしょう。

 


◆住宅ローンの借り換えができない?

 

現在では、ネット銀行など繰上返済の手数料が0といった
利便性の高い金融機関が増えました。

その為、借り換えを検討する人も非常に多くなりましたね。

 

しかし、繰上返済を行い返済期間が短縮されることで、
この借り換えがしにくくなるというケースもある事を
知っておいて下さい。

 

繰上返済後、毎月の返済金額を少しでも減らそうと
住宅ローンの借り換えを検討したとします。


多くの金融機関は、前の残りの返済期間内で借り換え後の返済期間を決めます。

その為、期間短縮型を行い残りの返済期間が短くなっている場合、
返済負担率が高くなり、
場合によっては審査に通らないこともある
のです。

ですから借り換えを検討している人は、借り換え後、
又は借り換え時に返済する方がよい場合もあるので、覚えておきましょう。